CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
RENEWAL
<お知らせ>
ホームページ・ブログ共にをリニューアルしました。
こちらをご覧ください。
www.source-objects.com



| DIARY | 20:37 | comments(8) | trackbacks(239) |
Beautiful Nature


 1ヵ月半ほど前に旅に出かけた友人から出発して初めてのメールとともに数枚の写真が送られてきました。彼女は1年をかけて世界を一周するというグレートジャーニーに出かけ、初めての連絡はアラスカのフェアバンクスから… すごいところまで行ったものだ。
 アラスカはすでに極寒の地、上の写真は雪道で見つけてモノらしいのですが、雪道にできた氷の上にさらに雪が積もり、作られたモノのようです。まるで葉脈のように、そしてそれらは重なり合って植物のようにも見えます。
 植物は光をより多く浴び、成長するために、横へ上へ広がり作れ、それが根、茎、葉、そして葉脈を作っている。自然が自然と作ったかたちなはすです。そしてこの雪の結晶のようなモノも大きくなるために自然とこんなかたちになったのだと思います。よく考えるとそれは建築物のようでもあります。人が作っているものの多くは自然物にその原型があるのだろうか?きっとそうだと思う。そんなことを感じされる1枚です。それにしても美しい…


 
 こちらはオーロラ。空を見上げたらそのまま倒れてしまいそうな、そんな美しさです。

 彼女の次の目的地はアメリカを飛び越え、メキシコだそうです。彼女の無事を願いつつ、次回の便りを楽しみにしたいと思います。そしてメキシコの日本大使館に彼女宛のお礼のはがきを送ってみた。受け取れると良いのだが…
| DIARY | 19:08 | comments(3) | trackbacks(0) |
I WISH


 今年の2月にニューヨークに行ったとき、デザイナーのセティから貰ったお守りを腕につけて半年以上が過ぎ、先日とうとう切れた。
 願いを込めて、身に着け、切れたときにその願いが叶う。そんな思いで彼女が作っているもので、2月に会ってから、SOURCEでも取り扱うようになった。
 個人的にも願いを込めて着けていたものだったし、四六時中をともにして(結んでいたので)、何重にも巻かれた細い赤い紐が徐々に自分に馴染んで、気に入っていたのに、急にいなくなりとっても寂しい気持ち。。。
 願いの方はと言うと、未だ実現していないけど、願いを身近に感じながら過ごした半年間で願いに近くなった、そんな気がする。そして、まあそれで良いかって。何よりも楽しめたし。
 また特別な願いが見つかったら(実は首も両手も、足までもいっぱいになるくらいあるけど…)結んでみようと思う。



 そんなことをセティに連絡し、ちょうど在庫が少なくなっていたので追加を送ってもらった。そのときセティはパリでも扱うことになるかもって、喜んでいた。彼女の願いは叶いそうだ。

WISH Charm
Tag ¥5,775-
Star, Drop, Harf Moon, Key ¥8,190-
Feather, Wishbone ¥8,925-
| JEWELRY | 20:37 | comments(6) | trackbacks(7) |
Designed Nature


 この夏、「たまにお水を上げる程度で良いよ。」と言われ育てていた植物に、あまりにお水をあげなかったせいで葉が落ちてしまいました。。。ごめんなさい。
 そして最近、日の当たることろで細目にお水を上げるようにしていたら、徐々に復活の兆しが見られるようになりました。新しい芽が顔を出し、でもまた落ち、その後からまた芽を出し、また落ち。そんなことを繰り返す日々。それはまるで彼自身が自分の心地よい時が来るタイミングを見計らっているように、何度も挑戦して、調節してようにも見えます。
 
 僕たち人間は自分達にとって便利なモノを考え、作り、そして改良を繰り返してきています。そして植物達も同じようにその環境やその変化に対応できるように、長い年月をかけて進化してきています。それは、人間がしている「デザイン」のような作業、いやもっと壮大な時間をかけた、そして僕らには感じられない繊細な世の中の変化に対応できるような、「優れたデザイン」なのだろうと思います。



 カール・ブロスフェルトの写真を見ているとそんなデザインされた植物の造形を見ることが出来ます。「デザインされた植物」、是非ご覧いただきたいと思います。

写真上−SOURCEの芽
写真下−Blossfeldtが撮った芽(Aristolochia Clematitis)
| DIARY | 20:38 | comments(3) | trackbacks(3) |
Simple Necklace
 カール・ブロスフェルトの展示が始まりました。古い作品集のページを額装したものを壁一面に展示していますが、僕個人もこれほど彼の作品を一堂に見ることは無かったので、その凛とした美しさは緊張を覚えるほどです。



 毎年季節の変わり目、正確には変わった後に、慌てて着るものが無いことに気がつきます… 決して着るものが無い訳ではないのですが、昔に買ったものはカジュアルな普段着ばかりで、歳を重ねるに連れて落ち着いた大人の(?)装いに憧れるこの頃なのです。
 それで、今ニットやシャツを探しています。そして探し始めるとなかなか好みのものが無い。これも毎度のことです。基本的にはシンプルな、「普通なもの」を探す訳ですが、ただの普通ではなく、こだわった普通、そんな僕の普通の基準に見合ったものが無いのです… ただの無いものネダリな自分がいけないのかもしれませんが、それを変えることもできないし、、、困ります。

 世の中には意外に普通なものがないような気がします。
 それを先日帰国されていたホンダ・キョウコさんと話をして、ではちょっと作ってみようということになりました。
 細い14金のチェーンをワイヤーを使って、シンプルに天然石を胸元にひとつ。そして背中のパーツには小さな石を絡めサイズ調節が出来るようにしてもらいました。カジュアルでも、ちょっとしたパーティーでも、シンプルですが、素材にこだわったネックレスはいろいろと使い勝手が良さそうです。SOURCE的、「こだわった普通のもの」が出来たのではないかと思います。
 展示会も開催していますが、秋が深まるにつれ、お店にも新しいものの入荷が始まっています。秋晴れの日にでもお出かけください。



KYOKO HONDA / Single Stone Necklace
Material : 14kt Gold, Semi-precious Stones
写真上 左から Amethyst, White Topaz, Citrine, Rose Quartz, Moon Stone, Swiss Blue Topaz
Size : L=400mm (375mmと400mmの位置でサイズ調節が可能です。)
Price : ¥19,950-
| JEWELRY | 20:58 | comments(4) | trackbacks(2) |
ART FORMS IN NATURE


 今年の5月にShakerの展示会を開催して早や4ヶ月が過ぎました。(ホント、早いものです。。。)そして芸術の秋ということで(ややこじつけですが)、9/30よりSOURCEにとって第2回目となる展示会を開催したいと思います。

 カール・ブロスフェルトは1900年前後のドイツ、バウハウスという大きなデザイン運動が起こる以前、大学で美術を教えていました。そしてその講義のために植物の写真を撮り貯めます。そこに写された植物の写真には数億年をかけた進化の過程で創りだされた植物の無駄が無く、機能的、そんなミニマルな形が写しだされます。クローズアップしただけのストレートな視点だからこそ、植物本来の形を引き立て、普段見過ごしている身近な美しさあふれ、驚かされるのでしょう。

 SOURCEはその名のとおり「根源」にコンセプトに掲げ、ジュエリーや家具、その他のモノをセレクトしています。それがトレンドとは一線を画した普遍的な美の追求だと感じるからです。 人を魅了する形とは?そしてその原型は? そんなブロフフェルトの美への追求は僕らのSOURCE(根源)を追求する姿勢と似ているような気がしています。そんな思いから彼の写真展を開催することにしました。

 是非この機会に恵比寿にお出かけください。

『ART FORMS IN NATURE - Karl Blossfeldt』
2006年9月30日(土)-10月29日(日)
| DIARY | 19:57 | comments(8) | trackbacks(2) |
ラベイユのハチミツ


 昨年だったか、一昨年だったか、パン食にこだわった時期があった。それも朝食に食べるように食パンにだ。いろいろなパン屋さんで食べくらべをした結果、ハードトーストと言われる重厚感のあるパンに行き着き、それらを毎朝いただいていた。そしてそれと同時にそれに付けるバターやジャムにもこだわるようになった。いや、パンよりもジャムがメインだったような気もする。
 カルピスバターを塗って、その上にたっぷりのジャム。それはそれは至福の味。。。ジャムっていろいろあるから、当時は休みのたびにデパチカ通い。サラベスキッチンのマーマレードも好きだし、果肉たっぷりのイチゴジャムはどこのものも捨てがたい。それとどこかに出かけたときには御当地ジャムは必至。
 そしてハチミツもトーストとの相性120%。ハチミツと言ったら、ハチミツ。当時の僕はまったくの無知…。そうだとばかり思っていたけど、これまた産地やら、花の種類やらでいろいろあって、もちろん味も全然違う。それを教えてくれたのが、ラベイユ。ハチミツの試食があって、小さなスプーンに何度も何度も、そして小さな子瓶に入っているから、幾つか買って、家でも試しやすくて、よく通っていた。
 
 先日友人からラベイユの詰め合わせをいただいた。久しぶりに、またパン食熱に火が付きそうだ、いやもう付いている。

 はちみつ専門店ラベイユ
| DIARY | 13:47 | comments(6) | trackbacks(107) |
Brown Diamond Rings


 インドのゴールドは独特の色と質感があり、「美しい!」、そう感じます。
 見比べると分かるのですが、同じ18金でもインドのゴールドは日本のものよりもゴールド色が強く(黄色く)、もう少し純度の高いゴールドのように感じます。
 ゴールドはその純度により、24金、22金、18金、14金、9金などに別れます。24金は99.99%のゴールドで、これは柔らかすぎるため、ジュエリーには加工しません。それに他の素材を混ぜ、ジュエリーに適した18金や14金を作ります。ごく稀に22金を使用するものやアンティークジュエリーなどで9金ものもなどを目にすることもあります。
 通常日本の18金はゴールドにシルバーを混ぜて作っているようです。インドのそれはシルバーに加え、銅を混ぜて作っているのだそうです。だから独特の黄色さが出るのでしょう。(詳しい方から教えてもらいました。)



 久しぶりにインドのリングが入荷しました。
 ブラウンダイヤモンドを黄色いゴールドでインド独特の粘土細工のように丸め込んで止めたリングです。控えめに光るブラウンダイヤモンド、ザラついた質感に仕上たゴールドのリング、これまた素敵な組み合わせでは?

Brown Diamond Ring
Size : 8
Pice : ¥34,650-
※写真は2本を重ねています。上記は1本での価格となります。
| JEWELRY | 20:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
母になりました(期間限定)。
こんにちは 看板娘です。
ソウスもおかげさまで1周年を迎えました。皆様今後とも宜しくお願いします。 




突然ですが、先日我が家にあるお客さんがやってきました。

伊藤ニャン(推定1.5歳)メス 

飼い主の友人が2週間程ポルトガル旅行に行くということで預かることになったのですが
ふたつ返事でOkしたのにも関わらず、そういえば私、猫飼ったことない、、(というか動物全般経験なし。)と気付いた時には友人はポルトガル出発後でした。

来たときから数日間は、
ご飯を食べない、
うんちをしない、
ベッドの下に隠れて出てきてくれない などなど
と1つ1つのことに過敏に心配,困りまくってました。
その後ノミ疑惑が浮上するなり、嫌がるニャンを無理やリお風呂にいれ、大暴れしたかと思ったら猫がブルブル震えだす始末。(注)間違っても虐待ではないですよ!!
ああ、仮の母だとしても失格だわ、って思いましたね。

その後どうにか猫に詳しい方々のアドバイスもいただきニャンも落ち着いて、
今では我が物顔でうちの中を闊歩しております。
今では帰宅するとすぐにノラやならぬ、「ニャンや〜」と呼ぶ毎日なのです。

自分は驚くほど猫のことを知らないことが面白く、
と同時に日々ニャンが可愛く思えてきて、別れの日なんて来なくていい!、うちのコに
なる〜?なんてハマってしまってるのではあります。

| | 14:20 | comments(7) | trackbacks(6) |
Faceted Stone Necklace


 マーガレットのネックレスをここでご紹介するのは何度目だろうか?
 そしてその度に「ミニマル」って言葉で彼女のデザインを表現している気がする。いや、「ミニマル」って言葉はここで紹介するものの多くについつい使いたくなってしまい、お店を象徴している言葉なのかもしれない。

 個人的に好みのデザインを多く残したイタリアのプロダクトデザイナー、ブルーノ・ムナリ。彼はこんな言葉を残している。
  「Progress means simplifying, not complicating. 」
  「進歩とは簡略化することで、複雑化することではない。」
 まさに彼の作品を象徴するようなミニマルな表現を感じられる一文だと思う。

 今日でお店を始めて、1年が過ぎました。
 恵比寿駅からちょっと(結構)離れているのにお店に足を運んでくれている方々、このブログを楽しみに(?)ご覧いただいている方々、ありがとうございます。そして始めの方、始めまして。
 これからも進歩することを目指し、様々なモノやコトをお届けしたいと思っております。今後とも宜しくお願いします!



 マーガレットのカットされた石で作ったネックレスを定番的に扱うようになりました。胸元のさりげなく光る石、それを強調されるかのように作られているミニマルなネックレスです。

Faceted Stone Necklace
Material:Semi-precious Stone, Silver, Nylon
Stones左から Carnelian, Smokey Quartz, Cognac Quartz, Flourite
Price:¥13,650-
| JEWELRY | 12:42 | comments(14) | trackbacks(2) |
| 1/16PAGES | >>