CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
HUGE W & ELLE DECO


 ファッションの秋? 芸術の秋?
 雑誌も盛り上がっている様子。
 先日SOURCEを取り上げいただいた雑誌を送っていただきました。

 「HUGE W」によるとドーヴァーストリートマーケットが青山骨董通りに満を持して上陸!したんだとか。コムデギャルソンがロンドンでオープンさせたコンセプトショップは、ロンドン帰りの友人達の間で大きな話題に。気になって仕方が無かったここ最近、指をくわえて土産話を聞いていただけだったけど。今度の休みの予定は青山ですは。
 2号目となる本誌はアバンギャルドさに磨きをかけ、モードなファッショントピックス満載。SOURCEは扱っているジュエリーをご紹介していただいています。

 最近リニューアルした「ELLE DECO」。秋が深まるにつれデザインイベント目白押しな東京。今年も青山エリアを中心にお祭り騒ぎになるはず!続々と登場する新進気鋭のデザイナー達の家具が早くも紙面を賑わしています。先日、CIBONEで開催中のマーティン・バースの展示を見ましたが、家具も然ることながら、トム・クルーズ似の彼に、「天は二物を与えず」ってホント?ってジェラシー感じつつ。
 さて、こちらでは恵比寿特集なるものが大々的に紙面を割いています。駒沢通り、明治通り、そして恵比寿ガーデンプレイスに囲まれたエリアを今、「裏恵比寿」と呼ぶそうです。衣・食・住、決して大きなお店は無いものの、オーナーの豊かな独創性を色濃く感じられるお店が多いのがこのエリアの特徴かと思います。
 1日かけて歩いて見てはいかがでしょうか?
| PRESS | 15:39 | comments(0) | trackbacks(8) |
Tatoo Earring


 今週は展示会開催のためお店を休みまして、知らずにご来店いただいた方もいらっしゃるかと思います。ご迷惑をお掛けしました。 昨日より通常営業に戻りましたので、是非お出かけください。


 小学生の頃、鏡に夢中な時期がありました。席替えで運良く窓側の席になると、小さな鏡を陽にかざし、向かいの校舎の誰かに太陽を反射させ、悪ふざけをしました。ピンポンダッシュに近い、許される(?)いたずらです。

 タトゥーイヤリングはまるで耳の一部のように、または肌の一部となり、耳にピタッと貼り付くように存在します。それは鏡のように光を反射させ、小さいながらも、キラリとその存在をアピールします。その違和感がウィットに富み、ユニークなアイテムです。
 デザイナーのカーラ・ハミルトンは建築家、彫刻家、そしてジュエリーデザイナーとして、多彩な才能の持ち主です。それらは一見かけ離れた仕事のように感じられますが、彼女にとってはすべて線で連なり、お互いが創作意欲を掻き立てるための対象なのです。それゆえ彼女の作り出すジュエリーには、建築的なミニマルな考え方や、彫刻的なアート感覚が同居しているように感じられます。

 カーラはSOURCEにとって新しく扱い始めたデザイナーです。お休みにしていた展示会に合わせて新しいものが入荷しています。お店で、そしてこちらでも随時ご紹介していきたいと思います。



Tatoo Earring
左-Line 右-Spot
Material : 14kt Gold
Price : ¥4,410-

※タトゥーイヤリングは1ピースでの販売となります。
| JEWELRY | 18:39 | comments(4) | trackbacks(4) |
臨時定休のお知らせ
 こんにちは。
 
 暑さの中にも秋めいた爽やかさを感じられるこの頃。
 あっと言う間に寒い冬が来ることでしょうが、秋を楽しみたいと心に誓います。
 まずは茄子、梨、そして栗。食欲の秋でしょうか?!

 さて、お店の臨時定休のお知らせです。

 9/5(火)から9/7(木)まで展示会開催のため、3日間お休みさせていただきます。

 ご迷惑をお掛けしますが、宜しくお願い致します。

                           SOURCE 店主 杉山慎治
| DIARY | 20:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
ガラス細工


 海外のフリーマーケットなどで目にとまる美しいガラスやレトロなブリキの玩具など、ひっくり返すと、「made in occupied japan」と貼られたシールを見かけます。

 学校の授業でも学んだことですか、戦後、海外に日本製品が多く輸出されていました。それは現在のように電気機器や車ではなく、陶器や木製品など日用品の多くです。そしてその中にはヨーロッパの伝統的な工房で職人により手作りされたものと見違えるほど美しいものに出会うことがあります。
 ドイツのマイセンかと見間違える色鮮やかな手彩色のノリタケのお皿や、まるでオールドバカラを思わせる細かいカットの入った江戸切子、そんな隠れた日本の名品は日本人の器用で、生真面目な職人気質から生まれたものでしょう。
 大切にしていきたいことだと思います。



 ミニチュアのガラス細工、これはやっぱり輸出用に日本で作られたものです。小さいですが、細かな職人仕事が感じられるモノです。はっきりしませんが、東京のキムラガラスで作られたモノのようです。
 
 ミニチュア動物 各¥1,575-
| OBJECTS | 18:49 | comments(0) | trackbacks(8) |
Circle Pendant


 今年から急にT-shirtsを着なくなりました。グレイトフルデッドのサイケデリックなプリントがデカデカとされたT-shirtsを来ていた頃もあったが… あの頃はあの頃で自分なりのオシャレとして楽しんでいたなぁ。 今ではたまに着てもポケットT-shits程度。シャツやポロシャツなど襟があるものを着たい気分なのです。攻めが甘い!確かにそうでしょう。でも鹿の子やストライプ、そしてそれらを使い古していく感じ、そんなことが今は楽しいのかな。

 何度かご紹介しているニューヨークのマルジョリー・ヴィクターから再入荷の荷物が届きました。
 彼女のデザインも僕の今の好みにピッタリです。シンプルなフォルム、シルバーとゴールドの素材の組み合わせ、ハンマーで叩いた凹凸感が模様のようなテクスチャーを作りだす。そして艶をひかえたその素材感が使っていくうちに艶が増し、その姿を変えていきます。

左から
Double Circle Pendant ¥22,575-
Single Circle Pendant ¥15,750-
Disk Hoop Pendant ¥23,625-
| JEWELRY | 22:45 | comments(4) | trackbacks(2) |
恵比寿 シュー対決 第3話。


こんにちは ひさびさの看板娘です。みなさんお元気ですかー。

毎日蒸し暑くてさっぱり食欲が湧きません。いわゆる夏バテなんでしょうがそんなやわな体じゃないわ、と意地になってご飯を作ろうとするのですが、温かいものを作る気になれず、そうめん・蕎麦・うどん・冷やし中華と冷たい麺ばかり毎日食べてます。(あとスイカも。)冷たいものはあまり身体によくないと思うのですが、つい、、。

そんな今日この頃どっちの料理SHOWは終るみたいですが、
恵比寿のシュー対決はまだまだ終りませんっっっっ。
このブログでも取り上げてさせてもらっていた「トシ・ヨロイズカのシュークリーム」、そして「Allegresseのチョコエクレア」がありましたが、もうひとつ!
第3のシューさん(富徳じゃないよ)、「RueFavartのエクレール・オ・カフェ」。
コーヒー味のしっかりした、大人なエクレア。クリームが多すぎて垂れることもなく、しつこいとまで感じないほど甘さのちょうどいいサイズ。それはそれは苦味と甘さのバランスが素晴らしいのです。

RueFavartはガーデンプレイス隣りにあってご飯も食べられるので、そこでランチでも食べて→ソウス→トシヨロイズカでお土産のシュークリーム購入というのもありですね、なんて。

、、、、って私食べ物のことばっかり考えてるみたいですね。
夏バテだと思ってたのに、体重が減らない訳が分かりました。本当の夏バテなんて私には縁遠いのかも、、、、。

RueFavart (リュ ファバー) 渋谷区恵比寿3−28−12 
※行ったらミントクリームのエクレアという新作も出てましたよ。
| | 16:39 | comments(5) | trackbacks(3) |
HOOPS


 去年だったか?一昨年だった?もっと前だったかもしれない、鎌倉の近代美術館にフランスのプロダクトデザイナー、Jean Prouve(ジャン・プルーヴェ)の展覧会を観に行った。下から覗き込んだり、離れてみてみたり、彼のデザインの隅々までを食い入るように見た。鉄パイプや鉄板を曲げて、溶接する。決して難しいことをしているように見えないが、それが見事に美しいプロポーション生み出している。鉄にこだわり、その可能性を追求する、そんな一途な姿勢がそれらを生み出したのだろうと思うと、ますます感慨深い。

 6月にメリッサ・ジョイ・マニングのスタジオを訪れたとき、皆が作業する大部屋の脇にある小部屋でひとりハンマー片手に、小さなものに向かっている青年がいた。
 メリッサは既成のパーツを使うことを嫌う。なるべく自分たちで作ったものを組み立てて、そのジュエリーを完成させたいと考えている。太さ1mmほどのワイヤーを叩いて、整形し、パーツにしたり、またそのまま製品になるものもある。
 彼は小部屋でワイヤーを一心不乱に叩く職人だった。アイロンのような形の台の上で丸いものを平らにし、その先の部分で美しいカーブを作りだす。また彼特性の道具を自慢げに見せてくれたが、それはビール瓶だった。そのテーパードした口の部分が丸いものを整形し、サイズを整えるのに適しているのだとか。そんな職人達のこだわりの積み重ねがメリッサの美しいジュエリーを作り出しているのだろう。

 プルーヴェもメリッサもそしてその職人達も、素材に向き合い、その特性を引き出すことにフォーカスしている。それこそが美しいものを作りだす秘訣のような気がする。


HOOPS(Earrings) ¥8,190-から


14kt Gold  左-Gold、右-Pink Gold

※本日、メリッサのHOOPS(ピアス)、お馴染みのRINGが再入荷しました。


| JEWELRY | 22:03 | comments(2) | trackbacks(2) |
dosa

 
 ku:nelの最新号(と言っても7/20発売ですが…)で[dosa]の特集が目に止まりました。その中でとても印象的な一文があったので、ここでご紹介したいと思います。


以下ku:nel vol.21より
 
 昔、あるお客さんにこういわれた。「[dosa]を着ていると『今日のあなたはすてきね』とほめられるのよ。『今日の服はすてきね』じゃなくて」
 なにげない一言だったが、ファッションではなく人が着る服、時代ではなく『個人』のための服を作りたいと考えているクリスティーナには、何よりうれしい賛辞となった。なぜなら、それは[dosa]がその人の一部になりえたということ。その人が内包していた魅力的な本質を、おもてに引き出せたということ。「美しさは、心地よさから生まれもの。着ているものが心地いい、そう感じるから、その人そのものになれる。その事実がそれぞれをより美しくするんだと思うのよ」


 少しだけど、魅力的な人間への道が見えたような気がした。

 写真は去年の春、知人に連れ行ってもらい[dosa]に行った時のものです。ロサンゼルスにオフィスとショップ(予約制)があります。

dosa
818 S. Broadway 12th Floor Los Angeles
| DIARY | 18:22 | comments(6) | trackbacks(2) |
残暑お見舞い申し上げます


 毎日暑い日が続いていますが、高校野球も半分が甲子園を去り、お盆の帰省ラッシュも始まり、百貨店のショーウィンドーは数週間も前からすっかり秋モード、暦の上でもすでに秋ですし、着実に秋が近づいている気がします。

 残暑お見舞い申し上げます。


 先日、ニューヨークから帰省されていたHonda Kyokoさんがお店に来てくれました。個人的にはすでに定番化した感じのStone Hoops Earringsが飽きの来ないシンプルなデザインで好みなのですが、もちろん他にも美しいものがあります。いくつかニューヨークから持ってきてくれたので、その中から新しいネックレスを分けてもらいました。14金のチェーンの両端に大きめのコロっとした石が止められ、ひとつの石を片側の円に通して楽しむネックレスはミニマルな考え方と女性らしいエレガントさを併せ持つデザインです。

Yellow Aquamarine Neccklace
material:14kt gold, yellow aquamarine
Size:L=480mm
Price:¥37,650-


※ SOURCEはお盆中も通常通り営業しております。(注)水曜定休日
| JEWELRY | 20:32 | comments(2) | trackbacks(2) |
Willow Rings


 Willow Ring(ウィロー・リング)はその名の通り柳をモチーフに、蔓が指に巻きついたかのように見えるリングです。マサチューセッツ州の田舎町、ノーサンプトンで暮すカーラ・カルーソは自然の中から受けたインスピレーションを形にします。

 以前より取扱をしていたアイテムですが、今回サファイアのバリエーションを増しての入荷です。Bead Ringも合わせて入荷しておりますので、フルラインナップで皆様のお越しをお待ちしております。
 
Carla Caruso
Willow Ring ¥11,550-
Willow Ring with Blue Sapphire ¥14,700-
Willow Ring with White Sapphire ¥14,700-
Willow Ring with Pink Sapphire ¥16,800-
| JEWELRY | 21:48 | comments(2) | trackbacks(1) |
<< | 2/16PAGES | >>